IT導入補助金で経営に活力を

IT導入支援事業では、ITツールに関わる経費の1/2以内又は50万円以下(下限15万円)のいずれか低い金額を上限に補助金が交付されます。
※審査結果や実績報告後の通知によっては、補助金額が上限を下回る場合がございます。

IT補助金の交付申請を行うにあたって

ITツール導入による生産性向上についてまとめた事業計画書を作成し、審査を受ける必要があります。
しかし!

シャイン総研では煩わしい書類作成などを任せていただくことで、
制作や導入と合わせて各種必要書類のご案内や代理申請を行い、補助金利用を一気通貫でしっかりサポート致します。

こんな悩みをお持ちの方におすすめです。

  • 社内のIT化がどんなものか知り、自社の経営体質を向上させたい
  • 現在のホームページでは売上に結びついてない、売れるホームページを作りたい
  • ホームページをただの宣伝ではなく、システムとして機能を追加したい

IT導入補助金 獲得までの流れ

  • ご相談

    経営状況・課題の把握、ITツールの検討

  • 交付申請

    交付申請書作成、経営診断ツール入力など

  • 製品購入

    事業実施(契約・導入)

  • 証憑提出

    証憑提出※事業実施報告(納品書など)

  • 導入効果報告

    ITツールの導入効果を報告(1回のみ)

補助金額

補助金額は、対象製品の購入金額の1/2になります。上限が50万円、下限が15万円となります。
※補助金の交付には、30万以上の購入が必要です。

ここがポイント

1社あたり最大50万円の補助金が交付されます!
補助金額は、1社あたり最大50万円のため、コスト面や予算の問題で、
IT化による業務の生産性向上を断念していた中小企業には朗報です。

※補助金の交付には審査があります。