皆さんこんにちは!
ホジョキングの石川です。
今日は9月7日に開催される「秋の大感謝祭」についての情報です。

★インバウンドで月売上1,000万円をかせぐハンバーグ店!

先週水曜の夜から1泊2日で、福岡に出張しました。
目的は「インバウンドで売上激増のハンバーグ店」を視察するためです。
水曜日の夜10時ごろ。福岡空港から博多駅まで地下鉄で到着。
目指すは博多バスターミナル一階にあるハンバーグ店「極みや」

このお店めがけて、インバウンド客が行列をなしているという。
「えっ!なんでこんな夜10時に行列並んでるの?」
夜10時過ぎに伺ったにもかかわらず店の前には、キャリーケースを持った
観光客の行列が並んでいる。店内にも、空席待ちのお客様が見え隠れする。
せっかく試食しようと思ったけれども、閉店の23時までには入れそうにない

商品単価はハンバーグの単品880円、ごはんセットで1,180円。
席数は20席。しかも狭い。坪数は10坪~15坪程度でしょう。
客単価と広さから見れば、どうみても、月売上250万~300万行けば
利益は出るでしょう。
しかしこのお店の売上は月に1,000万円をこえるという。

★「値上げできる!」飲食店の画期的なビジネスモデルを発見!

何という仕組みでしょうか!
「立ち食いで高級イタリアンを格安で」という俺の〇〇〇〇〇や、
「立ち食いで高級ステーキを格安で」という〇〇〇〇ステーキと
言った「顧客単価を下げて」「顧客数を増やす」モデルはありました。
でもそれは体力勝負であり、小規模事業所ではまねがしにくいモデルでした。

それに対して今回のモデルは
「商品単価を上げる」×「顧客数を増やす」という
画期的なビジネスモデル。
多くの小規模の飲食店でも取り組めると確信しました。

★全国の経営者の皆さん!自分の目で確かめてみませんか!

今回、このハンバーグ店のビジネスモデルを創ったコンサルタントを講師に
お迎えして「秋の大感謝祭!」を開催します。
全国の経営者の皆さん、自分の目で耳で、インバウンドビジネスの可能性を
確認してみませんか!
日時:9月7日木曜日 15時~18時
場所:アイオス永田町 2階会議室(地下鉄永田町駅から徒歩3分)
大感謝祭の詳細はこちら

松清一平氏(福岡県在住)
【講師略歴】
1971年 福岡市生まれ 修猷館高等学校 九州大学法学部法律学科卒業
1994年 九州朝日放送株式会社入社
テレビ・ラジオの番組制作、新規事業の立上、広告販売を歴任
2007年 同社を退職 同年株式会社ホスピタブルを創業
〇大韓民国に特化した、訪日インバウンド広告で幅広い集客実績を作る。
 飲食業、小売業、百貨店、各種サービス、遊戯施設、自治体などが顧客。
〇バイリンガル・トリリンガルの韓国人人材を日本企業へ職業斡旋するサービス
 で事業拡充。主に旅館、ホテル、小売、超大手飲食、などのBtoCサービスと
 貿易業務の企業が対象。

★8月末まで申込なら5千円でOK!

同じ補助金を使っても成功する人と失敗する人がいます。
インバウンドビジネスでも成功する人と失敗する人がいます。
成功するかしないかの差は、何なのでしょうか?
新しい事業に取り組む社長には「絶対に失敗しない経営」を実現してもらいたい。
そして成功するためには、成功と失敗の情報収集を入念に行ってもらいたい。
経営者の皆様が自分の目で耳で、その事例をたしかめて挑戦してもらいたい。
今回は、通常参加費6千円ですが、8月末までお申込なら5千円となります。
皆さんの参加をお待ちしております。