みなさんこんにちは!
本日のブログはインバウンドビジネスについてお話したいと思います。

★インバウンドビジネスに取り組んだA社とB社

8月2日に秋葉原で「インバウンド補助金活用セミナー」の講師を担当しました。
その中で「インバウンドビジネスに取り組むA社とB社」という事例を取り上げました。

A社・・・東京都内で中国人旅行客を集めようと多言語ホームページを作成、中国人ブロガーを使ってSNSで集客を試みた美容サロン
B社・・・福岡市内で韓国人旅行客を集めようと多言語ホームページを作成、韓国人ブロガーを使ってSNSで集客を試みた免税店

どちらの会社も同じようにホームページを作成し、現地の人気ブロガーを活用してSNSで集客を試みたのです。

しかしです。
結果は180度違いました。

A社はまったくお客様が集まらず、B社は連日お客様が殺到するお店となりました。

その違いは何なのか?????

そんなお話を1時間でお伝えしました。

★間違いだらけのインバウンドビジネス

実は上記の「成功したB社」の立上をサポートされたコンサルタントのMさんと金曜日に面談しました。
Mさんは福岡で「韓国人インバウンド専門のマーケティングと人材紹介」の仕事をされています。
約90分、いろんな事例を取りまぜながら
「日本のインバウンドの勘違い」をお話してくれました。
いくつか事例を紹介します。

  • 日本人がいう「おもてなし」は間違い。下手なおせっかいはいらない。理想はNO接客。
  • 飲食店はコース料理で提供したらだめです!
  • 多言語?そんなに言葉覚える必要ありますか?
  • 福岡で韓国人旅行客だけで月商1500万円をたたき出す飲食店
  • インバウンドで失敗した秋田県、成功している青森県

聞いていて目からウロコの話がボロボロ出てきました。
なぜならMさんは、元テレビ局のプロデューサー、喋りがプロ。
そして、働きながらMBAを取得され、ビジネスの分析手法の知識を習得。
満を持してインバウンドビジネスに挑戦しているからでした。
説得力が違う。

★9月7日(木)ゲスト講師にMさんを招いて勉強会を開催

今回、インバウンドビジネスで成功しているMさんをお招きして
勉強会を開催します。

  • なぜテレビ局のプロデューサーから起業されたのか?
  • インバウンドビジネスを選んだ理由
  • 間違いだらけのインバウンドビジネス
  • 成功事例紹介
    ~韓国人旅行客だけで月商1500万円のお店等~

中小企業の皆さんに夢と勇気を与える内容になると思います。
特に飲食店や小売店、インバウンドビジネスに興味がある方におすすめします。

定員は30名。お申込は先着順とさせていただきます。
今回はかなりのお申し込みが予想されます。
お早めにお申し込みください。

日時 9月7日木曜日 15時~18時(18時以降に情報交換会を予定)
場所 アイオス永田町(東京都千代田区永田町2-17-17)
会費 6千円(情報交換会費用込)  ※早割5千円(8/31迄お振込みの方)
内容 ①松清一平氏(株式会社ホスピタブル 代表取締役)
内容:間違いだらけのインバウンドビジネス

②桂田稔氏(株式会社桂田モータース 代表取締役)
内容:超小型イタリア製電気自動車で経営革新!

本日は以上!